近頃はチアシード・ココナッツ・アサイーなどの「スーパーフード」と呼ばれる、高栄養価でアンチエイジング効果やダイエット効果のある食物が、ニューヨークのセレブ達を中心に人気を集めて話題となっています。
タイガーナッツもこれらのスーパーフードのひとつで、「ナッツ」という名前がついているものの木の実ではなく、カヤツリグサという植物の塊茎が大きくなったものです。初めて発見されたのは今から約4000年以上も前のアフリカだと言われており、古代エジプトでは死者を埋葬するときに石棺の中に財宝と一緒にタイガーナッツを入れることもあるほどでした。

 

タイガーナッツ 皮付き

 

 

このことから分かるように長い歴史の中で栄養価の高い貴重品として大切にされてきた食品です。栽培には温暖な気候が必要ですので、現在ではスペインのバレンシア地方などで盛んに栽培されています。スペインでは「チュファ」と呼ばれています。
タイガーナッツは皮ごとそのまま食べることもできます。糖分が多く含まれているため良質のオイルを含んだ甘酸っぱい味わいで、シリアルに混ぜたりヨーグルトであえたりして皮のまま食べることもできます。この他にも生産地のスペインではタイガーナッツを使った「オルチャータ」という飲み物が人気です。水につけてアーモンドミルクを作るようにしてミルク状にしたもので栄養価の高いドリンクとして人気があります。

 

タイガーナッツに含まれる栄養素ですが、まず食物繊維の含有量はアーモンドの3倍で100g中に約30g含まれています。食物繊維は腸の調子を整え便秘解消につながることから、肌あれを防止したりダイエットにも役立ちます。
他にも良質のビタミンEが多く含まれています。ビタミンEの含有量はアーモンドに比べて2.5倍も含まれています。ビタミンEは抗酸化作用が強いことから、体内で余剰となった活性酸素を分解して老化を防止してくれるというアンチエイジング効果があります。

 

タイガーナッツ 皮付き

 

 

さらに甘味の元として含まれている糖質は、難消化性のでんぷんであることから、小腸で消化されずにそのまま大腸まで運ばれていくため、体に吸収されにくくカロリーは通常の糖質に比べて半分ほどしか吸収されないという性質があります。このためダイエット食品としても最適です。
この他にもマグネシウム・カリウム・カルシウムなどのミネラル成分も多く含まれています。オレイン酸も多く含まれており悪玉コレステロールの抑制など健康維持に役立つ効果があります。

 

 

 

 

 

↓知らなきゃ損?タイガーナッツのデメリットとは?↓

 

 

 

 

タイガーナッツ 食べ方